男性

投資顧問は比較が大事~資産運用を有効的に行うコツ~

公的年金制度に頼らない

コイン

自分の資金を自分で増やす

年金制度による年金受給を公的年金制度と呼んでいますが、自分の老後の資産を自分で作ることを私設年金と呼んでいます。公的年金制度は社会問題になるほど圧迫しています。今後高齢化に向けて破たんする可能性もあるのです。自分の老後の資金は自分で準備することが最も大事であると私設年金に関する人気も集まっています。貯金で蓄えたり、退職金をあてにすることも大事ですが、老後にかかる費用は想像以上に高額です。そのため、資産運用をするなど自分の資金を自分で増やすことが大事なのです。私設年金は保険のように積立してためることもできますが、その金額で老後を豊かに暮らせるとは限らないのです。若いうちに自分の資産をどのように増加させるのかプランを立てることが大事です。

年齢は早いうちに始める

若い頃の資産運用は、ハイリスクを中心に行っても問題ありません。もし仮に失敗しても今後の長い人生の中で取り返すチャンスがあるとともに、生活にかかる費用も少ないためやり直しが可能なのです。そこで成功すれば、資金を増加させることもできます。しかし年齢を重ねると家族にかかる費用や住宅などの費用に加えて失敗すると取り戻すだけの時間がありません。そのためハイリスクの商品の比率を落とさざるを得ないのです。そのため資産を増加させることが難しくなります。資産運用による私設年金は早いうちに準備することが大事になるのです。何歳までにどの程度まで資産を増やすのかシミュレーションしながら行う事が大事であり、貯金と同時進行させることで大きな効果を出します。